今エリザベス・ジマーマン(EZ)さんの本を読んでいます。
Knitting without tears(涙を流さずに編み物)と言って、
EZさんの編み物哲学の表明、編み物の道具や基本技法の解説に始まり、オリジナルパターンの説明、セーターのお手入れ法と内容豊富な本です。
たた&たた夫さんのホームページで紹介されている、EPS法(エリザベスのパーセンテージシステム)も掲載されています。
白黒の本で写真の質がマズイのが難点ですが・・・。
Je lis en ce moment un livre d'Elisabeth Zimmerman, intitulé Knitting without tears. Et il explique pourquoi le point jersey roulotte, sur l'endroit dans le sens de hauteur et sur l'envers dans le sens de largeur.

で、本書の中でメリヤス編みが丸まるわけが説明されているんです。
メリヤスの編地は上下は表側、左右は裏側に向けて丸まります。
で、その理由はというと、ちょっと引用してみます。
Je cite :
"This phenomenon occurs because each stitch is infinitesimally shorter on the front than on the back, and infinitesimally wider horizontally."
(Elisabeth Zimmerman, Knitting without tears, Fireside, p.12)
この現象は、それぞれの目の表側が裏側よりほんの少しだけ短く、横方向にはほんの少しだけ大きいために起こります。
Ce phénomène se produit puisque chaque maille est infinitésimalement plus courte sur l'endroit que sur l'envers, et infinitésimalement plus large horizontalement.

ふむむ。Humm. Ça fait réfléchir.
この文に出会って、ちょっといろいろと考えさせられるところがありました。
編み物をされる方はたいてい、裏編みの方が表編みよりゆるくなりますよね。
輪編みで表編みだけでメリヤスを編むと、往復編みをするよりゲージが小さくなります。
私の手持ちのフィルダーのカタログには一言アドバイスとして、裏編みがゆるくなりすぎる場合は、針のサイズを一号落とすといいですよと書いてあるんです。
Généralement, ON tricote la maille envers de manière plus lâche que la maille endroit, d'où, l'éhantillon de point jersey plus petit en tricot en rond. Et mes catalogues Phildar donnent un conseil selon lequel si la différence est trop importante, on peut prendre une aiguille plus fine pour le côté envers (pas seulement "Avez-vous réalisé votre échantillon?" ^^).

と、いうことは、Alors,

裏編み側の針に細いものを使えば、表と裏の長さが同じ、またはそれに近くなって丸まりが解消される!? si on prend une aiguille plus fine pour le côté envers, l'endroit et l'envers ont une longueur égale (ou presque) et le jersey ne roulotte plus!?

かな。
あ、でも横方向は解決しないですね。
ダメじゃん(・・・ハマっ子です)。
マフラーとかで特に問題になるのは横方向ですもんね・・・。
でも縦方向がどうなるか試してみる価値はあるかも!?
とりあえず、理由がわかっただけでもよしとしてください^^;。
Euh... non, ça ne résout pas le PB du sens de largeur... en plus, c'est dans ce sens qu'on voudrait éviter le "roulottement", notamment pour l'écharpe...
Vous m'excuserez maintenant que vous savez pourquoi :-)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ